FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長福厳祖師廟・三峡老街

長福厳祖師廟は西暦1769年に建てられ三回の修復で1947年
現在の形になっています。中国南方系の「五門三殿式」を
取り入れた設計でその完璧さから「東方藝術美学殿堂」
とも呼ばれています。この廟に祀られているのは清水祖師で、
毎年旧暦の元旦から第6日目にとても盛大なお祭りが行われます。
廟の目の前に架かる橋は「長福橋」。
この橋のデザインも廟にあわせて作られており、とても古典的な
デザインになっています。橋からの三峡溪の眺めも最高。
昼から夜にかけては橋の上に出店などもでて多くの人でにぎわいます。

祖師廟前の民権街には有名な「三峡老街」があります。
バロック建築の華麗な建築が並ぶ老街は「淡水老街」に似て
居心地のよい街並みに庶民的な商店が立ち並んでいます。
芸術色の強いこの街は多くの芸術家たちが店を開いたり、
骨董店があったりと街歩きも十分楽しめます。

     

三峡鎮ホームページ

【長福厳祖師廟】
台北縣三峡鎮秀川里13鄰長福街1號 02-2671-4657

【三峡老街】
台北縣三峡鎮民権路一帯
スポンサーサイト



| 遊ぶ台湾 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT