PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

孔子廟・保安宮

ちょうど大龍街という道沿いに孔子廟はあります。
1881年に建てられた孔子廟は残念ながらその当時のままではありません。
なぜなら1907年日本軍が破壊、その後、1927年から1955年にかけて増築、
改修が行われ現在の形になっています。設計は中国大陸にある山東曲阜
孔子廟の宮殿建築スタイルを元に設計したといわれています。台湾の一般的な
華やかな廟に比べてこちらは儒教のため簡素なつくり。
この長い歴史から政府から三級古蹟として認められて、今日でも多くの
参拝客・観光客でにぎわっています。そしてこの廟に祭っている孔子の誕生日、
いわゆる孔子誕生祭にはとてもにぎやかな儀式が執り行われます。

保安宮は清朝の時代、西暦1805年に建てられました。
保安宮はすでに「二級古蹟」に認定されていますが、そのワケも見れば一目瞭然!
建物は十分な迫力があり、非常に重みのあるつくりになっています。
こちらに祭ってあるのは「大道公」と呼ばれる神様。
毎年旧暦3月14日には「保安宮大祭典」が開かれにぎわいを見せます。

   

【孔子廟】
孔子廟ホームページ
台北市大同区大龍街275號 02-2592-3934・2594-1022
MRT圓山駅2番出口より徒歩、庫倫街を直進、大龍街曲がる
開放時間:火曜~土曜08:30~21:00 日曜・休日08:00~17:00(月曜は開放なし)

【保安宮】
保安宮ホームページ
台北市大同区[口合]密瓜街61號 02-2595-1676
MRT圓山駅2番出口より徒歩、庫倫街を直進、大龍街曲がり10分
スポンサーサイト

| 遊ぶ台湾 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。