FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾キホン情報&歴史【イラ・フォルモサ!】

台湾は西太平洋で活躍するポルトガル人によって「発見」されました。
台湾の世界における歴史が始まったのもまさにこの時。
台湾付近の海域を航行中の船員が、緑したたる美しい島影を目のあたりにして、
「Ilha Formosa!(イラ・フォルモサ!)」と感嘆の声をあげたことをきっかけに、
後にヨーロッパで紹介され「台湾」という名前が広まりました。現在時点でこの
「発見」は、ポルトガル船の種子島漂着の翌年、1544年のことと推定されています。


ポルトガルに発見されてから半世紀以上経った1622年には、膨湖島を占拠した
オランダが明朝廷との交渉の末膨湖島を返還する代わりに台湾本島の台南に
プロビデンジャ城、ゼーランジャ城を築き植民地を開始。そしてオランダに
つづいてスペイン人が基隆、淡水に築城しました。この両国の争いはしばらく
続きましたが、1624年オランダが競合国スペインを破り台湾全土を占領しました。


 紅毛城@台北/淡水
スポンサーサイト



| 台湾キホン情報 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT