PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運転免許証【免許《日本の免許→台湾で運転》 】

以前は日本の免許証を持っていても台湾では使用できず、
再度教習所で免許を取る、というのが主流でしたが
2007年9月21日から「日本の運転免許証を所持している者は
以下の条件により、台湾で自動車等を運転することができる」
(根拠:道路交通安全規則第55条の1及び同条第2項に基づく
交通部告示(告示は19日公布21日施行))ようになりました。
申請をすれば1年間は台湾で運転することができます。

また、2008年10月より期間1年以上の停留又は居留の
許可を受けた人に限り、台湾の運転免許証が
無試験で発行されることになりました。

運転する時は交通ルール&マナーが日本と違うので
十分気をつけてくださいね。

■日本の運転免許証による運転(有効期間=1年)
■台湾免許への切替え(有効期間=停留許可又は在留許可の満了日)



日本の運転免許証による運転(有効期間=1年)

【申請場所】

①台湾で入手する場合の窓口

■交流協会台北事務所
tel:02-2713-8000(代表)
  fax:02-2713-8787
受付時間:09:15~11:30 13:45~17:00
(土・日・祝祭日・一部の日本の祝祭日が休み)

交流協会台北事務所

■交流協会高雄事務所
tel:07-771-4008(代表)
fax:07-771-2734
受付時間:09:00~12:00 13:30~17:00
(土・日・祝祭日・一部の日本の祝祭日が休み)

交流協会高雄事務所

②日本で入手する場合の窓口

■社団法人日本自動車連盟
日本全国67ヶ所のJAF支部窓口で申請できます。
受付時間:09:00~17:30
(土・日・祝祭日・年末年始)

《参考》
社団法人日本自動車連盟
JAF支部窓口一覧



《台湾で申請する場合》

【発行されるもの】
申請人の自動車運転免許証を中国語に翻訳したもの。
A4サイズ 日本の免許の翻訳文書+運転できる車両説明文書=2枚
※カードではありません。

【交付日数】
待ち時間1時間ほどで交付されます。

【代理申請】
原則不可(やむを得ない事情があると認められる場合に限り
代理申請委任状を以て代理人を通じた申請を行うことができます。)

【有効期間】
入境後1年内。

【必要書類】
①申請時点で有効な運転免許証
②旅券(パスポート)
※パスポートは台湾への最終入境年月日が確認できるもので
更新により2冊になる場合は両方の旅券が必要。
③申請書(窓口でもらう)
代理人が申請する場合には自動車運転免許証の中国語翻訳文を
必要とされる方の委任状と運転免許証・旅券(パスポート)
※パスポートは台湾への最終入境年月日が確認できるもので
更新により2冊になる場合は両方の旅券が必要。

本翻訳文は、運転免許証の代わりになるものではないので、
台湾で運転する際には①日本の運転免許証②翻訳文
③旅券(パスポート)を携帯することになっています。


※パスポートは台湾への最終入境年月日が確認できる
もので更新により2冊になる場合は両方を携帯。

【費用】
600元 交付される際に払います。

【注意事項】
①本翻訳文は、運転免許証の代わりになるものではないので、
台湾で運転する際には日本の運転免許証と本翻訳文、
旅券(パスポート)は台湾への最終入境年月日が確認できる
もので更新により2冊になる場合は両方を携帯することになっています。
②翻訳文は交流協会もしくは社団法人日本自動車連盟が作成した
翻訳文に限られます。自分で作成した翻訳文は使えません。
③運転することができる期間は台湾に入境した日から1年間です。
④運転することができる車両の種類について。

《参考》
免許種類ごとの運転可能車種一覧
運転が認められる車両の定義







台湾免許への切替え(有効期間=停留許可又は在留許可の満了日)

【発行されるもの】
各種台湾免許証

【対象者】
期間1年以上の停留又は居留の許可を受けた方に限られます。
それ以外の方(観光の方など)は上記の制度のみ利用することができます。

【有効期間】
停留許可又は在留許可の満了日まで。
停留許可又は在留許可の期間が延長された際は再度申請すれば延長可能です。

【申請場所】台湾各地の「監理處」「監理站」「監理所」と呼ばれる
道路監理機関(運転免許センター)でできます。

《参考》
切替え手続きのできる監理處

【身体検査】
事前に医療機関で所定の身体検査を受け、医師等に必要書類内の
「申請書」に検査結果を記入してもらう必要があります。
受け付けていない医療機関もあるので、申請時にセンターに
紹介してもらうか個々の医療機関に受検の可否を問い合わせてみて下さい。
(私の行った「北區分處」では施設内で身体検査を受けられました。
他にも施設内で検査できるセンターがあるのでそちらを選んでいくと便利。)

【交付日数】
即日。身体検査を含めても30分かかりません。

【必要書類】
①申請書
(各センターに置いてあります。サイトからのダウンロードも可。
氏名・生年月日・住所・電話番号・身分証番号などを記入します。
その他、身体検査の結果などが書き込まれる書類です。)
②1年以上の停留又は居留の許可を受けていることを証明するもの。
(居留証など。査証は不可。)
③日本の運転免許証
④日本の運転免許証の中国語翻訳文
(提出可能な中国語翻訳文は交流協会又は日本自動車連盟(JAF)が
作成したものに限られます。上記した「■日本の運転免許証による運転」
で得られる翻訳文のことです。)
⑤旅券(パスポート)
⑥写真2枚
(写真は申請6か月以内に撮影した無背景・無帽・上半身・正面・
光沢あり・カラーのもので、大きさは1吋(台湾の証明写真の標準規格サイズ。
幅約2.5cm高さ約3.0cm。)センター内にもスピード写真機があります。
1回=150元(街頭にあるものと同じ金額)。手続きの際、係員の人が
適当な大きさに切ってくれるので大きさは細かく測らなくても大丈夫!)

【費用】
手数料=(台北市の場合)200元
センターで受ける身体検査費用=200元

【注意】
台湾では自動車と自動二輪車の運転免許証は別々に発行されるので
日本の大型自動車免許と普通自動二輪車免許を持っていて
免許証を切り替える場合、自動車用の申請書(汽車駕駛執照登記書)と
自動二輪車用の申請書(機器[月卻]踏車駕駛執照登記書)が必要。
また、写真もそれぞれの申請手続きに必要なので合計4枚必要です。



==( ´∀`)ヒトコト==

交流協会のページではほとんどの書類に「コピーが必要」と
書いてありましたが、私が行った北區分處ではコピーは
係りの方が全て処理中にしていたので必要ありませんでした。
あと、探しに探したスピード写真機。センター内にあったので
ご安心を!北區分處には3台はありました。値段も外と同じ。涙

翻訳文だと期限1年だし、パスポート携帯だったので台湾免許に
書き換えられるようになってとても便利になりましたよね!
安全運転心がけましょ~!!

==================
スポンサーサイト

| 台湾生活 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。