PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

郵便局【EMSの送り方 】

急ぎの荷物にはEMSが便利です!
EMS利用だと台湾(台北)→日本(東京)でしたら通常(平日)4日、
日本(東京)→台湾(台北)だと通常2日くらいで送ることができます。
(地域・天候によって異なります。)

EMSを送る場合、日本・台湾どちらにおいても
郵便局にあるEMS用専用ラベルを書きます。
このラベルには住所、電話番号のほか
中に入っている内容物・価格も記入が必要です。

【送り方順序】
①郵便局へ行き、ラベルをもらう。
②ラベルを書き終わったらラベルと一緒に荷物を差し出す。
③重量をはかってもらい、料金を払う。


↑日本から送る場合のラベル


見本は英語表記になっていますが
日本・台湾間でしたらどちらも「漢字」のある国なので
英語に直したりせずそのままの住所でok。
(日本の郵便局では「住所は漢字で相手国内は大丈夫ですか?」
など聞かれることがありますが「大丈夫」でokです。)

料金は重量・差出側の地域によって異なります。

【例】
東京→台湾 荷物(小包) 重量1000g 1800円(日本円)
台湾→日本 荷物(小包) 重量1000g 510元(台湾ドル)

詳しくは日本郵便 料金・日数を調べるで調べられます。
台湾の料金・重量などに関しては中華郵政ホームページ
「快捷業務」→「国際快捷」→「國際快捷/包裹資費査詢」を見てみてくださいね。
スポンサーサイト

| 台湾生活 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。